一般社団法人寒地港湾技術研究センター COLD REGION PORT AND HARBOR ENGINEERING RESEARCH CENTER

開港50周年~未来を拓く苫小牧港~

 開港から50周年を迎えた苫小牧港の未来について考える「ザ・シンポジウムみなとin苫小牧」(主催・ザ・シンポジウムみなと実行委員会)が11月28日、苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子で開かれた。政策研究大学院大の井上聰史客員教授が「世界の港湾の戦略変化と日本」と題して基調講演。パネルディスカッションでは、岩倉博文市長、頏泰弘道経済部長、神戸大の黒田勝彦名誉教授、苫小牧商工会議所の藤田博章会頭、苫小牧の市民団体「女性みなと街づくり苫小牧」の大西育子代表が、「苫小牧港の未来戦略」をテーマに、同港の開発の意義や今後の発展戦略について意見を交わした。
 ■基調講演
           政策研究大学院大学客員教授     井上 聰史 氏
 ■パネルディスカッション
  コーディネーター 北海道大学公共政策大学院特任教授  小磯 修二 氏
  パネリスト    苫小牧市長             岩倉 博文 氏
    〃      北海道経済部長           辻  泰弘 氏
    〃      神戸大学 名誉教授         黒田 勝彦 氏
    〃      苫小牧商工会議所 会頭       藤田 博章 氏
    〃      女性みなと街づくり苫小牧      大西 育子 氏

下記写真をクリックするとダイジェスト紹介ページが開きます。

シンポジウムin苫小牧1基調講演
シンポジウムin苫小牧2パネルディスカッション
シンポジウムin苫小牧3パネル展示